読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沙希の見たまま、思ったまま!

沙希が見たまま、思ったままの気持ちや感想を、お伝えします!

単語の意味がわかっていても、答えられない!?

知らない単語はないのだけれど・・・

この時期になると、大学受験生の皆さんは、

語彙力不足に悩んでいる方も多いでしょうね。

昔の「豆単」には、1万2千語以上が載っていた

時代もありました。

最近は、それほど語彙数は問題にならないのかな?

 

それでも、問題演習をしていて、辞書を引きっぱなしでは、

不安になりますよね。

語彙数は多いほうが有利であることは間違いありません。

 

でも、そればかり気にしていては、

とんでもないことになりかねません。

 

次の英文を和訳してください

① For my part, I agree to the plan.

② A politician thinks of the next election ; a statesman, of the next generation.

③ I have always wondered at the passion many people have to meet famous men.

f:id:mybigwave:20161022171020j:plain

 

 

知らない単語はほとんどありませんね。

スラスラと和訳できましたか。

私立大などで「和訳しなさい」と出題されたなら、

「日本語として正しい表現」で答えなければいけませんよ。

 

出題のネライを知りましょう

①の問題は、「for one's part」が「~としては」という意味の

熟語であることを知らないと、戸惑う問題です。

単語だけでなく、熟語の学習も必要なのですよ。

熟語の学習で必須の知識が「前置詞の意味」なんです。

「for = 交換」と知っていれば、

「私の立場と交換すれば」→「私の立場では」と考えて

「私としては」と、覚えることができますよね。

(正解)私としては、その計画に賛成です。

 

②はどうでしょう。

「政治家は次の選挙のことと次の世代の政治家のことを考える。」

なんてやってしまう人はいないでしょうね。

この問題のネライは、「セミコロンの機能」と「省略のルール」です。

「セミコロン」は「対等に2つの分をつなぐ」・「内容を添加する」

「事項を並べる」といった機能があります。

「省略」では、「副詞的に文を添加する場合にSVを省略する」

ということがなされるのですよ。

この問題では、セミコロンの後ろに

a statesman thinks of the next generation

と、動詞が省略されているのですよ。

(正解)政治家は次の選挙のことを考え、政治家は次の世代のことを考える。

 

③では、「2つの文が接続詞がなくつながることがない」という

基本的な構文のルールと、関係代名詞の省略がポイントです。

(正解)多くの人が有名人と会いたがる情熱を、わたしはいつも不思議に思ってきた。

 

 

文型と品詞とで、考える英語の学習

 英語にしても日本語にしても、「文」とは単語の並べたものではありません。

単語と単語とをどのように繋ぐのかというルールがあります。

それが文法であり、構文であるのです。

 

そういう意味では、紗季が教えを乞うていた塾の先生は、

徹底的に「英文の考え方」を教え込んでいましたね。

 

受験生の皆さん、「出題のねらい」を考えながら勉強すると、

飛躍的に得点力を上げることができますよ。

 

最後に、塾の先生の「作りっぱなし」のサイトをご紹介しますので、

一度ご覧になってみてください。リンクを張っておきます。

「中学生用 → 高校生用 → 大学受験用」の順で記事があります。

売り込みなどは一切ありませんから(笑)

 

⇒ 『熱血!塾長の日記』