読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沙希の見たまま、思ったまま!

沙希が見たまま、思ったままの気持ちや感想を、お伝えします!

野菜の高騰で困った!いつまで?

原因は、台風と日照不足

 

8月から9月の天候不順で、野菜の高等が続いています。

 

その原因は、台風と日照不足。

 

特に9月には、

 

日本に6つの台風が上陸・接近して、

 

台風が持ち込んだ暖かく湿った空気が流れ込み、

 

本州付近に停滞した前線を刺激して、長雨をもたらしました。

 

 

北海道では、8月には3つの台風が上陸し、

 

台風による豪雨と洪水により、

 

土砂が農地を覆い、作物を洗い流して、

 

大変な状況となりました。

 

また、九州でも同様に、

 

長雨による日照不足に加えて、

 

阿蘇山の爆発的噴火による降灰により、

 

白菜が被害を受けています。

 

 

f:id:mybigwave:20161021111220j:plain

 

どれほど高いのか?

 

農林水産省の10月第1週の小売価格調査によると、

 

レタスは平年の2倍、玉ねぎは1.2倍でした。

 

人参の卸値は1年前の2.3倍、ジャガイモは1.3倍でした。

 

白菜は4分の1で215円、大根は半分で148円という高値で

 

売られているスーパーもありました(10月13日・福岡市)。

 

 

ファミリーレストランでは、

 

サラダの野菜を、レタスからキャベツに変更したり、

 

他の葉物を使ったりして、工夫しています。

 

カレー店では、

 

人参やジャガイモをカタマリで提供していたものを、

 

すりおろして味を整えているところもあります。

 

 

いつごろまで続くのでしょう?

 

レタスは9月に入ってから植え付けたものが、

 

11月初旬には出荷ができそうだといいます。

 

人参も10月いっぱいは高値が続きそうです。

 

ジャガイモは北海道産はもうしばらく高値で推移しますが、

 

茨城産・千葉産のものが11月に入ると出荷されそうです。

 

白菜は大分県産がそろそろ出荷できそうです。

 

 

概ね、11月中旬くらいには、

 

平年並みとはいかないまでも、

 

価格は安定してくるようです。

 

 

沙希の考え

沙希は、高いからといって、買い控えはしません。

 

高いのは、生産者の方々が並々ならぬ努力をされたにもかかわらず、

 

出荷量が確保できない結果の出来事です。

 

そうだからこそ、生産者の方々を応援するべきです。

 

高いのは痛いけれども、痛みは分かちあわなければと考えます。

 

だから、高くとも、いつもどおり購入します。

 

安くなったら、感謝していただきます。

 

天邪鬼ですかねぇ??