読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沙希の見たまま、思ったまま!

沙希が見たまま、思ったままの気持ちや感想を、お伝えします!

受験生の、今やるべきことは?

もうすぐセンター試験

 センター試験までの時間が少なくなってきました。

あれもこれも、やるべきことがたくさんあるでしょうね。

でもね、あれもこれもやている時間はありません。

効率よく、時間と労力を使わなければなりませんよ。

 

基礎学力に不安がある

基本的な考え方や知識に不安があると思っているあなた。

センター試験を回避して、私大対策に集中しよう」

と、考える人も多いですね。

それは間違いです。

センター試験対策をすると、基礎学力の不足が発見できるからです。

基礎学力が不足したままでは、私大対策さえもできませんよ。

 

 

10日間で、偏差値を5点上げる方法

短期間で、基礎力不足を発見して、それをクリアして偏差値を5点上げる方法とは、

これまでに受けた『模擬試験の問題をやり直す』ことです。

 

模擬試験の問題は、必ず1度は考えたことのある問題ですね。

これを復習するときには、過去の記憶がよみがえり、

あまり時間がかかりません。

『今、できない問題をあぶり出す』ためにするのですから、

時間をかけないで、ザ~っとやり直します。

 

英語なら英語だけ、数学なら数学だけ、生物なら生物だけ、

自分の苦手科目から、4・5回分以上を解きましょう。

わからない問題、間違った問題の『解説をじっくり読む』ことです。

 

そして、知識不足、理解不足の項目をノートに書き出します。

ノートに書き出すのは、書くことによって理解と記憶を深めるためです。

ですから、きちんと書きましょうね。

 

1回分を、1時間を目安にやれば、1科目の復習が1日でできます。

 

こうして、必要な科目の復習を済ませたら、

間違えた問題を、何度も繰り返して解いて、

スラスラと解けるようにしてしまいましょう。

 

この学習がきちんと出来たら、あなたの偏差値はグンっとアップしますよ。

 

 

どうしても苦手な分野は

模擬試験の復習をしても、どうしても理解できない分野がある場合には、

これまで使ってきた問題集で、その分野の問題と取り組みましょう。

模擬試験の解説は、とても詳しく解説してありますが、

それでも理解できないということは、知識と理解がとても乏しい分野です。

 

ですから、その分野だけは、問題集をやり直しましょう。

ただし、この時に使う問題集は、これまで使ってきた問題集に限ります

 

その分野の問題が40問あったとしたら、

その40問がすべて正解できるまで、繰り返して演習します。

ここで手加減をしては行けません。

全問正答するまで繰り返し演習するのですよ。

 

こうして、集中的に弱点分野を見つけ出して解決しましょう。