読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沙希の見たまま、思ったまま!

沙希が見たまま、思ったままの気持ちや感想を、お伝えします!

合格する中学3年生の夏休み

中学3年生が、高校入試で合格するためには、

夏休みの過ごし方が、とても大事になってきます。

 

部活を引退してから

 

特に、運動系の部活動をしていた中3生は、

大会が終わって、ホッとしている時ですね。

ここで、2つの注意することがあります。

 

ひとつは、

それまで打ち込んできたことがなくなって、

心の空白ができてしまうことです。

部活で、厳しいトレーニングをしていた時には、

それ自体が自分の目標となっているので、

心の大きな支えになっていました。

その支えがなくなったことで、

「何をしていいのか分からない」

状態に陥ります。

 

勉強はもちろん、何にも関心が持てずに、

水中でもがき苦しむような時間を過ごす、

まるでブラック・ホールにでも落ち込んだような

状態に陥ることがあります。

 

そうなってしまったら、

2~3日は、思いっきり体を動かしましょう

近くの山へ上ってみたり、

海や川やプールで泳いで見たり、

郊外へサイクリングに出かけたり、

もう一度、体を目覚めさせてから、

次の目標を考えて見ましょう。

 

次に、パラダイス現象にハマルことです。

開放感から、ここぞとばかりに、

夜更かしをしたり、

テレビやゲームに夢中になり、

マンガを読みまくり、

冷たいものをとりすぎたり、と、

それまで、できなかったことに夢中になり、

生活習慣が乱れてしまう

 

こうなってしまうと、

なかなか復元は難しくなってしまいます。

 

規則正しい生活と勉強

 

少しの油断から、生活は乱れがちになります。

栄養のバランスの偏りから、夏バテにも注意しましょう。

 

規則正しい生活は、早起きから始まります

早起きを心がけると、早寝をするようになります。

そうして、規則正しい生活習慣を築くことができます。

 

朝起きてから2~3時間が、脳がいちばん活性化します

ですから、午前中は、

英語や数学・国語といった、

思考力や判断力を必要とする教科にあてます。

 

午後は、理科や社会などの暗記科目の勉強に最適です。

 

昼食後は、少し眠たくなるかもしれません。

その場合には、10分からせいぜい30分以内の、

お昼寝を取り入れましょう

疲れた心と体をリフレッシュできます。

 

夜は、テレビを見たり、

家族と団らんをして、

リラックスしましょう

 

この時間に勉強をするのであれば、

その日に勉強した復習をするようにしましょう。

復習なら、あまり緊張感を感じないでできます。

 

単語を覚えたり、年号を覚えたりする

暗記ものの勉強は、寝る前が最適です

でも、あまりやり過ぎないようにしましょう。

 

夏を制する者は、受験を制する!

 

昔からよく言われていますが、それは事実です。

夏休みの、自由に使える時間をうまく使うと、

学校の授業がある平日の何倍もの勉強ができます

 

高校の「一日入学体験」に出かけて、

学校行事や、卒業生の進路などを聞くのもいいでしょう。

モチベーションを高めることができます

 

規則正しい生活を築き、

果敢に勉強と取り組み、

有意義な夏休みとなるように、

ガンバってください。