読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沙希の見たまま、思ったまま!

沙希が見たまま、思ったままの気持ちや感想を、お伝えします!

読む力、聞く力、そして書く力

最近の子供たちは、文字を読む量が極端に少ないと思います。

小学生や中学生では、良書といわれる書籍をたくさん読むことで、

自分や他人の心情を理解できるようになります。

勉強で学ぶこととは違う新しい知識を身につけられます。

そして、考える習慣ができます。

 

「読む」量が少ない小・中学生にとって、

文章を読み取る力のなさが、学習での大きな障害となっています。

「問題の文意を読み取る」ことにさえ不自由することもあります。

読み取った内容と自分の知識とが結びつかない、

という根本的な思考障害が見られることも多いのです。

 

それ以上に、

「書かれたものが、何を意図しているのか」と、

読み取ろうとする能力も意識も欠けている

そういう練習が積まれていないことに起因すると思われます。

 

これは、「他人が何を意図して話しかけているのか」を

聞き取る能力の低さとも関係があります。

日常生活の中で、言葉に意識を払っていないのでしょう。

 

中学生の時はそこそこだった国語の成績が、

高校になると現代文が最悪の成績になってしまう、

ということも、そのあたりに原因があると思われます。

 

そんな彼らに「文章を書きなさい」というのは、

残酷な提案なのかも知れませんが、

今、緊急に身に付けておくべき能力であることも間違いありません。

それを克服するために私が提案するのが

「箇条書き組み立て法」

という文案作成法です。

 

これは、大学受験における小論文の書き方でもありますので、

参考にしてください。

 

①テーマに対して、自分が表現したいことを、

 思いつくままできるだけたくさん書き出す。

②書き出した内容から、テーマに対する小テーマを決める

③小テーマの論旨を考えて、段落構成を組み立てる

④段落ごとに書く内容を(順序を意識して)骨子を決める

⑤骨子に肉付けしながら文章を書く。

 

こういった手順を踏んで文章を書く練習をすることで、

論理的な思考力を養い、

言葉の重要性を再認識し、

表現力を養うことができます。

 

1週間に1つのテーマの文章を書くだけでいいのです。

高校生はもちろん、小学生にでも中学生にでも、できます。

ぜひ、継続して取り組んでみてください。