読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沙希の見たまま、思ったまま!

沙希が見たまま、思ったままの気持ちや感想を、お伝えします!

“夏休み”高校受験のポイント

高校受験では「夏休みを制するものが受験を制する」と言われます。

運動系の部活動は、夏休みに入っても、大会があるかもしれません。

 それでも、受験は待ってはくれません。

そこで、効率よい受験対策を考えて見ましょう。

 

英数は、単元別・分野別に基礎の復習を

 

「教科書の順番に従って復習する」テキストがほとんどです。

そかし、効率よく復習するには、単元別がお勧めです。

 

英語の勉強法

まず、否定文・疑問文・答え方を集中的に復習します。

be動詞の文、一般動詞の文、3単元のSの文、過去の文、

進行形の文、受動態の文、現在完了の文、と確認します。

 

次に、不定詞動名詞の復習です。

 

そして、教科書の後にまとめてある単語・熟語の確認です。

覚えていない単語・熟語は、すべて抜き出して、その単語・

熟語を使っている教科書本文の英文も抜き出してまとめます

その英文を、対訳にして、日本文を見てスラスラ書く練習を

して、覚えてしまいましょう。

 

問題演習はその後です。

ワークを使ってもいいですし、「1・2年の復習」の問題集

を購入してもいいでしょう。

大事なことは、「これと決めた問題集を徹底的に攻略する

ということです。

あれも、これもと、手を広げてはいけません

 

数学の勉強法

最初に、計算練習をまとめてやりましょう。

正負の数・文字式・1次方程式・2年の計算・連立方程式

教科書でいいので、計算練習を徹底的に練習します。

 

次に、関数の分野を復習します。

比例・反比例、1次関数の問題を復習します。

これも、教科書の問題を使えばいいでしょう。

 

そして、図形分野を復習します。

作図・立体図形・平面図形・合同と総復習をします。

この分野は、覚えることが多いので、まとめを作ります。

 

数学が不得意の場合は、教科書の練習問題を完全に

マスターしてしまうことが、最も効率が良いでしょう。

 

国語の勉強法

国語の基礎は音読」なので、教科書を音読しましょう。

文章がきちんとよめるかを確認し、できなかった文章を

何度も口に出して呼んでみて、スラスラと読めるように

しましょう。

漢字や熟語、慣用句やことわざ、詩や古文の重要表現なども

一通りチェックしておきましょう。

 

パソコン学習で気分転換

 

教科書やワークを使った勉強が、最も効率よいでしょう。

 

しかし、学習習慣が身についていない場合には、なかなか

うまく勉強できません。

 

そんなときには、パソコンソフトを使った勉強方法も、

気持ちの切り替えができて、良いかもしれません。

 

ニュートン社の「TLTソフト」が、本格的に復習するには

とてもよいソフトですが、値段が高価なことと、本格的すぎて

続けられない場合がでてきます。

 

「がくげい」の「デジタルスタディ」では、アニメやイラスト

を使ったわかりやすい解説で、楽しく勉強ができます。

  

 

がくげい 中学3年デジタルスタディ 新学習指導要領対応版

がくげい 中学3年デジタルスタディ 新学習指導要領対応版

 

 

どの問題が解けたのか、チェックができるなど、パソコンならではの

機能も満載しているので、繰り返し学習ができます。

 

受験生は、どんな手段を使っても「やるしかない!」のですから、

パソコン学習も、「一つの手段」となりますよ。