読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沙希の見たまま、思ったまま!

沙希が見たまま、思ったままの気持ちや感想を、お伝えします!

自転車の取り締まり強化・6月1日から!

6月1日から、道路交通法が改正されます。

今回のポイントは「自転車の取り締まり強化」です。

 

自転車の違反をご存知ですか?

 

今回から、違反者には「青切符」的制度の罰則が適用されます。

自転車の、どんな違反が対象になるか、確認しましょう。

 

1. 信号無視  2. 通行禁止違反  3. 歩行者専用道での徐行違反等

4. 通行区分違反  5. 路側帯の歩行者妨害

6. 遮断機が下りた踏み切りへの進入

7. 交差点での優先道路通行車等  8. 交差点での右折車妨害等

9. 環状交差点での安全進行義務違反等  10. 一時停止違反

11. 歩道での歩行者妨害  12. ブレーキのない自転車運転

13. 酒酔い運転  14. 安全運転義務違反

 

具体的に、わかりにくい項目もありますね。

日常で自転車を利用するときに、気を付けることをまとめます。

 

道路の左側を通行する (右側通行は一発アウト)

 

・歩道のある道路では、原則、車道を走る

 やむを得ず歩道を通行する場合は、徐行しなくてはならない

 

・歩道のない道路の路側帯で、歩行者の通行の妨害をしない

 

・スピード違反(歩行者に危険な状況では摘発)

 

・一時停止では、一旦止まって足を地面につける

 

一方通行で逆走してはいけない

 「自転車は除く」という条件付きはOK

 

・携帯電話やイヤホンで音楽を聴く(ながら運転はアウト)

 

・夜間の無灯火走行

 

・周囲に危険が生じる場所への自転車の放置

 

 

日常生活で「うっかり」やってしまいそうなこと

・雨の時、傘をさして自転車に乗ることはアウト

 必ず、レインコートを着用してください

 

2人乗りも一発アウト

 子供専用椅子が付いたものは3人乗りまでOK

 

2台でおしゃべりして並走するのもアウト

 

 

自転車事故の大きなリスク

 

自転車の違反による事故が増えています。

そして、事故の加害者になると、大変なことになります。

 

小学校5年生の子供が、自転車で坂道を猛スピードで下ってきて、

お年寄りにぶつかって重い障害を負わせてしまい、

9500万円の損害賠償を言い渡された事件が、最近ありましたね。

 

それ以外でも、数千万円程度の賠償が課せられたケースも

少なくありません。

 

ひき逃げ等悪質なケースでは、数年間の禁固刑が科せられている

ケースもあります。

 

加害者が未成年の場合は、保護者に対して損害賠償請求が行きます。

 

 

 子供の場合、ちょっとした悪ふざけ不注意により、取り返しが

つかないことになってしまう可能性があるのです。

 

子供が自転車に乗る以上、親としては、こういったリスクを知って

おくべきでしょう。

その上で、きちんとした安全指導や安全教育を、

親の責任でするべきでしょう。

 

交通ルールを守って、安全に自転車を使いましょう。